治療機器
治療機器のご紹介
エキシマライト(VTRAC)
VTRAC

308ナノメーターの紫外線を照射することによって、局所の過剰な免疫をコントロールし、慢性的に経過する皮膚疾患の治療を行うものです。








半身型ナローバンドUVB(JTRAC)
JTRAC

311±2nmの紫外線を皮膚に照射することにより種々の皮膚疾患を治療する紫外線治療器です。








全身型ナローバンドUVB(NeoLux)
NeoLux

全身に対して充分な紫外線を均一かつ短時間に当てることができ, 1回あたりの治療時間が短くなり、少ない治療回数で高い効果を出すことが可能になりました。







肌画像カウンセリングシステム(re-Beau)
re-Beau

写真に撮ることで、肌状態を客観的に見ることができます。UV写真では、目視ではわかりにくい薄いシミや隠れたシミなどの肌状態を詳細に見ることができます。







Qスイッチルビーレーザー(The Ruby nano_Q)
The Ruby nano_Q

メラニン類粒を最も選択的に破壊し、周囲組織へのダメージを最小にして、色調の薄い病変でも鋭い反応性を持つことができます。









炭酸ガスレーザー(CO2 Esprit)
CO2 Esprit

組織を蒸散することで、いぼやほくろの除去に使用します。










ロングパルスアレキサンドライト、YAGレーザー(GentleMax Pro)
GentleMax Pro

波長755nm(アレキサンドライト)と1,064nm(YAG)の2波長を1台に搭載しています。2種類の波長を組み合わせるとこにより、長期的な減毛、しみ・そばかすの改善、たるみの改善、お肌の引き締めなどに使用します。







IPLプラットフォーム(Inmode)
Inmode

革新的なIPLプラットフォームで、IPL(LUMECCA)、フラクショナルRF(FRACTORA)、小顔治療(Mini FX)、タイトニング(FORMA)をこれ一台で行うことができます。







HIFU(ULTRAcel Q+)
ULTRAcel Q+

HIFUという特殊な超音波テクノロジーを利用した、たるみ治療機です。たるみの原因となっているSMAS筋膜は、通常のレーザーやRF(高周波)では届かない深い層にあります。 HIFUは深い層まで届くためSMAS筋膜を加熱することができ、高いリフトアップ効果が得られます。







イオン導入・超音波導入(IONZYME DF-Ⅲ)
IONZYME DF-Ⅲ

塗るだけでは十分に浸透しない有効成分(ビタミンAやビタミンCなど)を、微弱な電流や音波の振動に乗せて皮膚の深部まで効率的に浸透させることができます。





エレクトロポレーション(CLEAN & BLOOM PRO-S)
CLEAN & BLOOM PRO-S

電圧・電流照射によって、一時的に表皮に微小な孔を空け、イオン導入ではできなかったヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなどの大きな分子成分も導入することが可能です。







高周波ラジオ波メス(Surgitron Dual EMC)
Surgitron

優れた凝固機能も持つため、出血や腫れの少ない手術が可能になります。 高周波ラジオ波により目の周りなどのしわ・たるみを取る、スキンタイトニング・リフトアップも可能です(Pelleve).







超音波診断装置(Xario 200)
Xario

見ただけや触っただけではわからない皮膚の下にできたできものでも、エコー検査で詳しく見ることができ、診断の手助けになります。










Copyright © SHIMONOSEKI Dermatology Clinic All Right Reserved.